100億円突破!大谷翔平の年俸推移とスポンサー収入を詳しく解説


Los Angeles Times

大谷翔平選手は、日本の野球界において輝かしいキャリアを築いています。若手時代から日本ハムでその卓越した才能が注目を集め、期待を裏切ることなく成長し続けました。エンゼルスへの移籍後、彼の活躍は世界中で称賛され、野球界に新たな風を吹き込みました。

しかし、大谷選手の真の魅力は、数字だけでは表せません。挫折にも負けず、常に進化し続けるその姿勢にこそ彼の輝きがあります。年俸の推移は、その努力と情熱の証です。

特にドジャースへの移籍に際して、契約期間中の年俸を抑えることで球団の金銭的な負担を軽減しようとした姿勢は、彼の賢明さを示しています。

現在、大谷選手の年俸は200万ドル(約3億円)であり、さらにスポンサー契約やパートナーシップによる収入が6500万ドル(約97億5000万円)に達し、合計で6700万ドル(約100億5000万円)に及びます。

大谷選手の物語は、単なるスポーツ選手の成功にとどまらず、多くの人々に希望と勇気を与える力強いメッセージを持っています。彼の未来は、ますます明るく開かれていくことでしょう。

本記事では、大谷翔平の年俸推移とスポンサー収入の詳細、そして年棒推移に関する世間の疑問にお答えします。

大谷翔平の年俸推移とスポンサー収入を詳しく解説!


Sportscasting

  • 大谷翔平の驚くべき年俸推移(日本円)
  • 大谷翔平の報酬解析(週給、日給、税金控除、手取り額)
  • 大谷翔平のスポンサー収入

大谷翔平の驚くべき年俸推移(日本円)

MLBで得た年俸は、1米ドル=145円という為替レートを基に、日本円に換算した金額を示しています。

年度 所属 年俸
2013 日本ハム 1500万円
2014 日本ハム 3000万円
2015 日本ハム 1億円
2016 日本ハム 2億円
2017 日本ハム 2億7000万円
2018 エンゼルス 5900万円
2019 エンゼルス 7200万円
2020 エンゼルス 2700万円(減俸)
2021 エンゼルス 3億3000万円
2022 エンゼルス 7億2000万円
2023 エンゼルス 43億円
2024〜33 ドジャース 101億4000万円(契約期間中、年200万ドル=約3億円だけ受け取る)
※大谷翔平選手は、契約期間中(2024〜2033年)に年間200万ドルしか受け取らず、残りの6億8千万ドルは2034年から2043年にかけて後払いされることになっています。
※2024年からの10年間、年平均は101億5000万円(10年契約で7億ドル、1ドル145円として1015億円)

大谷翔平の報酬解析(週給、日給、税金控除、手取り額)


THE NEWS

1ドル145円換算
2024年シーズンの大谷選手の年俸は200万ドル(約2億9000万円)と報じられています。この額を週給(52週間)に換算すると、3万8462ドル(約558万円)になります。

また、同額を日給(365日)に換算すると、5479ドル(約79万円)になります。

さて、大谷選手の将来について考えてみましょう。2034年からの10年間の年俸は6800万ドル(約98億6000万円)と予測されています。

この額を週給に換算すると、130万7692ドル(約1億8962万円)になります。

一方、同額を日給に換算すると、18万6301ドル(約2701万円)になります。

これらの数字は、大谷選手の将来の給与に対する洞察を提供するものであり、彼の野球選手としての価値と将来のキャリアの成長を考える上で重要な指標です。

では次に、税金と手取り額に関して解説します。

2024年シーズンの大谷選手の年俸は200万ドル(約2億9000万円)という額ですが、実際に手にする金額はこのままではありません。

アメリカの税法に基づき、連邦税及び州税が差し引かれるためです。

具体的には、連邦税が37%、カリフォルニア州税が13.3%、メディケア(公共医療保険)に2.35%、そしてカリフォルニア州の傷害保険に1.1%の割合で課税されます。これらを合計すると、約53.75%の税金がかかります。

したがって、2024年シーズンの年俸200万ドル(約2億9000万円)に53.75%を乗じると、税金は107万5000ドル(約1億5588万円)になります。

そのため、実際に大谷選手が手にする金額は92万5000ドル(約1億3412万円)となります。

さらに、2034年以降の10年間も大谷選手がカリフォルニア州に在住し、税率に変更がなければ、手取り額は3145万ドル(約45億6025万円)になります。

これらの数字は、大谷選手が税金を支払った後に手元に残る金額を示しており、彼の給与を理解する上で重要な要素です。

大谷翔平のスポンサー収入

大谷翔平選手のスポンサー収入は6500万ドル(約97億5000万円)です。ちなみに、2位はハーパー選手(フィリーズ)の700万ドル(約10億5700万円)、3位がジャッジ選手(ヤンキース)の600万ドル(約9億円)となっています。

2024年 大谷翔平選手と契約している11社の企業

企業名 契約年 説明
JAL(日本航空) 2018年 JALは大谷選手との契約を開始。プロモーションとして特別塗装機などを運航。
セイコー 2019年 セイコーはブランドアンバサダーとして大谷選手を起用。彼の腕時計モデルなどを展開。
ファナティクス 2020年 大谷選手はファナティクスとエクスクルーシブパートナー契約。グッズの販売やコレクション展開。
ロッテ 2021年 ロッテは大谷選手をグローバルパートナーとして起用。CMやグッズのプレゼントなどを展開。
ミズノ 2021年 ミズノは大谷選手をグローバルアドバイザーに起用。製品開発やウェブサイトでのプロモーションを展開。
モンスターエナジー 2021年 モンスターエナジーは大谷選手をグローバルアンバサダーに指名。製品やSNSでのプロモーションを展開。
オークリー 2021年 オークリーは大谷選手をグローバルアンバサダーに指名。サングラスの販売やSNSでのプロモーションを展開。
マイクロソフト 2022年 マイクロソフトは大谷選手をグローバルアドバイザーに起用。製品提供やウェブサイトでのプロモーションを展開。
ニューバランス 2022年 ニューバランスは大谷選手をグローバルアンバサダーに起用。製品やSNSでのプロモーションを展開。
ユニクロ 2022年 ユニクロは大谷選手をグローバルブランドアンバサダーに指名。製品やCMでのプロモーションを展開。
マクドナルド 2023年 マクドナルドは大谷選手をグローバルパートナーに指名。CMやプレゼントキャンペーンでのプロモーションを展開。
ドジャース 2024年 ドジャースは10年総額5億ドルの契約で大谷選手を獲得。投手兼指名打者兼外野手として起用予定。

大谷翔平の年俸推移に関連する Q & A

  • 結局、大谷翔平は野球でいくら稼ぐの?
  • 大谷翔平はスポーツ選手年収ランキングで何位ですか?
  • 大谷翔平の月給はいくらになるの?
  • プロスポーツ史上最高額の契約は?大谷翔平は何位?

結局、大谷翔平は野球でいくら稼ぐの?

先述の通り、大谷翔平の契約金は6億8000万ドル(約986億円)が後払いとされており、アメリカのスポーツニュースサイト『ジ・アスレチック』によると、ドジャースの契約期間が満了した後の2034年から2043年にかけて支払われる予定です。

そのため、2024年から2033年までの年俸は200万ドル(約2億9000万円)になると報じられています。

大谷翔平はスポーツ選手年収ランキングで何位ですか?

2023年、米経済誌「フォーブス」が発表した大リーグ選手総年収ランキングのトップ10に、エンゼルスの大谷翔平投手(28歳)が躍り出ました。

彼の総年収は6500万ドル(約85億円)で、堂々のメジャートップに君臨しています。

大谷翔平の月給はいくらになるの?

大谷翔平選手の契約は10年間で総額1015億円に達し、これを年間換算すると約101億円に相当します。また、月給に換算すると約8億円になります。

プロスポーツ史上最高額の契約は?大谷翔平は何位?

Professional athletes

契約期間は10年間で7億ドル、日本円にして約1015億円となり、これはプロスポーツ史上最高額です。それでは、大谷翔平選手の1位に続くスポーツ界の大型契約(2位〜5位)を紹介します。

順位 スポーツ 選手名 契約金 契約期間
1位 MLB 大谷翔平 1015億円 10年
2位 サッカー メッシ 860億円 4年
3位 NFL マホームズ 729億円 10年
4位 MLB トラウト 618億円 12年
5位 NBA ブラウン 441億円 5年

大谷翔平の年俸推移の総括

  • 日本ハム時代:2013年に1500万円、2017年に2億7000万円まで上昇。
  • エンゼルス移籍後:2018年に5900万円から始まり、2023年には43億円に達した。
  • ドジャースとの契約:2024年から2033年の10年間で総額101億4000万円。
  • 現在、スポンサー契約やパートナーシップによる収入が6500万ドル(約97億5000万円)に達する。
  • 契約企業にはJAL、セイコー、ファナティクス、ロッテ、ミズノなど11社が含まれる。
  • 2024年シーズンの年俸は200万ドル(約2億9000万円)。
  • 2034年からの10年間で6800万ドル(約98億6000万円)の後払い。
  • 2024年シーズン:連邦税や州税などの合計で約53.75%の税金が差し引かれ、手取りは92万5000ドル(約1億3412万円)。
  • 2034年以降の手取り額:約3145万ドル(約45億6025万円)。
  • ドジャースとの契約満了後の2034年から2043年までに、後払いとして6800万ドル(約98億6000万円)を受け取る予定。
  • 大谷翔平の10年総額1015億円の契約はプロスポーツ史上最高額。
  • 他のプロスポーツにおける大型契約には、メッシの860億円(サッカー、4年)、マホームズの729億円(NFL、10年)などがある。


【注目記事】


記事一覧運営者情報
©2017-2024 HANNARI LAB, All rights reserved.