SONY VLOGCAM ZV-E10に組み合わせるべきレンズとジンバル【これさえあれば完璧】

スポンサーリンク

f:id:office-ebisu:20210919084950j:plain

デジタル一眼のZV-E10でvlogを撮影しようと思っているなら、レンズとジンバルには拘りたい。実はこの2つ、カメラの性能も大切だが、それ以上のウエイトを占める。

レンズに関しては、ZV-E10のキットレンズの場合、手ブレ補正を「アクティブモード」にすると画角が狭くなるので、自撮りのとき顔が大きく映ってしまい背景の情報をたくさん取り込めないといった問題が生じてしまいます。この問題は広角レンズを使うことで解消されます。

次にジンバルですが、ジンバルの目的は手ブレを制御することです。スタビライザーとも呼ばれ、カメラが自然に水平を保つように動作し撮影者が動いても手振れのないなめらかな映像が撮れるようになります。特に歩行中に発生する上下の手ブレ(一歩一歩歩くごとに、映像が上下に揺れる現象)を軽減させることができます(余談ですが、この手ブレはスローモーションにすることでも軽減することができます)

ZV-E10に組み合わせるべきレンズとジンバル

おすすめレンズ

E 10-18mm F4 OSS SEL1018

  • 超広角なワイドのショットが素晴らしい
  • 3mほどの幅の狭い道路を直進したときに、道路や両サイドに並ぶ建物をしっかり撮影することができる
  • 夜の商店街、照明がついている状態であれば、とても綺麗な映像を撮影することができる
  • レンズ内光学手振れ補正のおかげで、歩きながらの手振れが軽減される(ジンバルを使えば手振れはほぼゼロ)


おすすめジンバル

ZHIYUN CRANE M2

このジンバルを使って、ジンバル歩き(忍者歩き)をすれば、上下の手振れはほぼなくなります。ZV -E10は軽量なので、ジンバルのモーターパワーに不安を感じることは全くありません。YouTubeにもたくさんの撮影レビューがアップされているので、購入前に一度確認してみるのもいいかもしれません。

おわりに

今回紹介したレンズとジンバルがあれば、ZV-E10で最高レベルの映像を撮影することができます。以上、「SONY VLOGCAM ZV-E10に組み合わせるべきレンズとジンバル【これさえあれば完璧】」という話題でした。


ホームへ
記事一覧
©2017-2021 BURARI BLOG, All rights reserved.