iPhone13 Pro Maxをやめて、SONYの『ZV-E10』を選んだ決定的な理由

スポンサーリンク

f:id:office-ebisu:20210918154506p:plain
出典:VLOGCAM ZV-E10/E10L | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

今使ってるiPhoneはSE(第2世代)、実は僕、この機種を使って昨年末からvlogを撮影しています(動画はBURARI JAPANにアップしています)

暗所は少し弱いけど、1200万画素あるので昼間の撮影には十分すぎるほどです。ぶっちゃけ、素人目にはiPhoneで撮影したのかデジタル一眼で撮影したのかなんて分からないほどです。

とはいえ、iPhoneでの撮影で不満な点もあります。それは広角撮影です。ぼくのSEでは広角撮影ができないのです。

それじゃ、ぼくの持っているSONY α7S IIIで撮ればいいじゃないか、という思いもないわけではありませんが、人混みやレストランなんかで、大きいカメラを出してvlog撮影するなんてちょっと恥ずかしいでしょ。なのでvlogはiPhoneで撮影するようになったのです。

そんなこんなで、こないだまで、ぼくは超広角撮影のできるiPhone13 Pro Maxに買い替えようか(機種変更しようか)、それとも本日9月17日発売のSONYのVLOGCAM ZV-E10(上の写真)を買おうか、やめよか、どうしたものかと思案していたのでした。

SONYの『ZV-E10』とiPhone13 Pro Maxの比較

vlog用カメラとしての比較

YouTubeでレビューを見たところ、ZV-E10はα7S IIIのようにフルサイズでないにせよ、暗所でもそこそこの映像を撮影することができるし、ぼくがすでに持っている様々なレンズもZV-E10で使うことができます。

フルサイズカメラユーザーだけでなく、これまでiPhoneでvlogを撮影してたけど、もっとボケ感を出して、もっとシネマティックに撮影したいデジタル一眼初心者にもオススメだと思います。ZV-E10は小さくて軽いですし、気楽に持ち歩けてvlog撮影には本当に向いています。

撮影映像におけるZV-E10の立ち位置としては、スペックを比較してSONY α7S IIIとiPhone13 Pro Maxの中間くらいだと思います。

よって、vlog用のカメラとして比べた場合、iPhone13 Pro Maxのカメラも優秀ですが、さすがにカメラに特化したZV-E10の方に軍配が上がります。

ZV-E10 > iPhone13 Pro Max


お値段についての比較

では次にお値段について比較して見ましょう。

iPhone13 Pro Maxは、メモリが128GBの一番小さいモデルで134,800円なんです。これ高いですよ。カメラのためだけに134,800円も払って、SEから乗り換えるなんて少し無理がありますよね。

だって、ぼくの場合、いくつかのレンズを持ってるので、ZV-E10の本体だけ買えばいいので、実質税込8万円以下で購入できます。iPhone13 Pro Maxより5万円以上も安くなるわけです。これは決定的です。

ということで、今週末ZV-E10を買います!

おわりに

ヨドバシのポイントが15,000pt貯まっているので、これを使ってZV-E10を買うことにします。で、今回購入決定にあたって、YouTubeでレビューを(疑いの目を持って?)見まくりました。良い評価、悪い評価隈なく見ましたが、買わない理由が見つからなかったことを最後に付け加えておきます。以上、iPhone13 Pro Maxをやめて、SONYの『ZV-E10』を選んだ決定的な理由、という話題でした。


ホームへ
記事一覧
©2017-2021 BURARI BLOG, All rights reserved.