アップロード後にYouTubeの動画エディタでモザイクを入れてみた【YouTube動画エディタを使った感想】

スポンサーリンク

f:id:office-ebisu:20210904122921p:plain
YouTubeの動画エディタ

先日ママが、ぼくがYouTubeにアップロードした動画を見て、「チビの顔が正面からまともに映ってるから、モザイクを入れて欲しい」といったリクエストがあった。

YouTubeは一旦アップロードした動画のリンクを変えずに、動画だけ後から差し替えることはできないので、やむなくYouTubeエディタを使ってモザイクを入れることにした。

ぶっちゃけ、個人的に、モザイクの入った映像は好きではないんだよね。うちの下のチビなんて、モザイク処理中に「私の顔にモザイク入れないでぇ」て怒ってたけど、ママのリクエストだから受けずには入られない。

ということで、今回はYouTubeの「動画エディタ」を使った感想について書いてみたい。

YouTube動画エディタを使った感想

f:id:office-ebisu:20210904123039p:plain
動画の処理画面

ぼくがMACで使っている動画編集アプリはFinal Cut Proです。アップロード前(編集中)であれば、Final Cut Proでモザイクを入れることができますが、今回はアップロード後ということもあって、YouTubeの動画エディタを使ったわけです。

正直いって、Final Cut Proでモザイクをかける方が、モザイクの位置や大きさを事細かく設定することができます。また、モザイクの種類もいくつかあって映像の種類によって好きなものを選ぶことができます。がしかし、YouTubeの動画エディタはモザイクの種類が楕円か長方形しか選べません。(無料ですから文句を言ったらバチが当たりますよね。モザイクをかける前にYouTubeにアップロードした僕が悪いのですから。)

今回、YouTubeの動画エディタを使ったのは初めてでしたが、YouTubeの検索窓に「YouTube_モザイク」と入力、検索結果にはたくさんのチュートリアル動画がありました。そのうちの一つ(5分程度のもの)を一度見ただけで、簡単に操作ができました。使い方は超シンプルで簡単です。

次にYouTubeの動画エディタの問題点についてですが、モザイクをかける箇所が決まれば、次に保存する(動画を処理する)のですが、この処理にめちゃめちゃ時間がかかるのです。最低30分はかかります。まぁ、パソコンのスペックとかパソコンの使用環境にもよりますが、それでも数十分は必要かと思います。

YouTube動画エディタでモザイク処理を施した映像

おわりに

モザイクはYouTubeにアップロードする前に、Final Cut Proのような動画編集アプリで入れるのが基本です。アップロード後にモザイクをかける必要があるなら、YouTubeの動画エディタ。こんな感じで切り分けて考えるのが良さそうです。以上、アップロード後にYouTubeの動画エディタでモザイクを入れてみた【YouTube動画エディタを使った感想】、という話題でした。


ホームへ
記事一覧
©2017-2021 BURARI BLOG, All rights reserved.