娘がお好み焼きを食べたいというので『千房(ちぼう)』へ行ってきました。

スポンサーリンク

f:id:office-ebisu:20210807010103p:plain
千房(ちぼう)のお好み焼き

今チビは夏休みなので、娘はいつもべったりと僕についてくる。今日と明日は仕事がお休みなので、娘を連れて「千房(ちぼう)」へ行ってきました。

注文したのは、豚玉とイカ焼きそばでした。

お店の方が気を使ってくださって、娘のために小さいお好み焼きを焼いてくださいました。それだけではありません、食後にソフトクリームもご馳走になりました。

今回の撮影は1920×1080(フルハイビジョン画質 = フルHD)、60fpsでした。撮影に使ったカメラはiPhone SE(2nd generation)、カメラアプリはiPhone純正アプリ。

お好み焼きのお店『千房(ちぼう)』さんでのショートムービー

【中央の再生アイコンをタップすると始まります:3分40秒】

●千房
創業者で現会長の中井政嗣が、1967年に住吉区でお好み焼き屋を開業。1973年に大阪・千日前に「千房」を開店した。その後支店を増やし、1981年の静岡出店以降は全国に展開。ハワイにも店舗がある。1982年に価格帯の一段高い「ぷれじでんと千房」を道頓堀に開店したほか、いくつかの新業態店も展開している。

刑務所内での採用活動に取り組み、元受刑者を社員として採用することでも知られる。

広告活動にも積極的に取り組み、特にお好み焼きを作るときに使用される『コテ』を模した宇宙船が、宇宙や大阪上空を飛行するSF映画調のTVCMでも有名。


「千房(ちぼう)」さんのホームページ

大阪道頓堀のお好み焼専門店 千房-ちぼう-【公式】

おわりに

10年ほど前、毎週末「千房」へ行って、豚玉で生中を一杯やってました。今回はコロナのためにお店で生中を飲むことができませんでした。とっても残念でした。やっぱ、お好み焼きにはビールですよね。以上、娘がお好み焼きを食べたいというので『千房(ちぼう)』へ行ってきました、という話題でした。


ホームへ
記事一覧
©2017-2021 BURARI BLOG, All rights reserved.