TABIJIN

Summary of Thinking and Experience

MacBookを最強にするアクセサリー&周辺機器

f:id:office-ebisu:20171120224404j:plain

昨年の11月、仕事がお休みだったので、京都のヨドバシカメラでMacBook Proを買ってきました。買いに行く前に、ヨドバシカメラに電話して在庫の確認。取り置きしてもらいました。もちろん周辺機器&アクセサリーも購入。


購入したのは、MacBook Pro(13インチ・2.3GHz デュアルコアi5プロセッサ・128GB・スペースグレイ)、マウス、キーボード、USBハブ、スタンド、ディスプレイコネクタ、スキャナーです。


今回は僕が勝手に信じ込んでいるMacBook Proを手軽にパワーアップさせるアクセサリーと周辺機器を紹介してみたい。ちなみに、紹介するのは全部僕がこないだ買ったもの。


f:id:office-ebisu:20171130144025j:plain
MacBook Proとアクセサリー&周辺機器(筆者撮影)


MacBookを最強にするアクセサリー&周辺機器

1. Magic Mouse 2

f:id:office-ebisu:20171120230405j:plain

初代マジックマウスを所有していましたが、MacBook Proを新たに購入したので、ついでにマウスも最新モデルの「 Magic Mouse 2 - Apple(日本)」へ。このマウス、初代と比べて圧倒的に軽くて持ち運びに便利。そしてなにより通信切断が安定しています。


まず言えることは、初代と比べて圧倒的に軽いこと、そして、なにより通信接続が非常に早く、通信切断がほとんどありません。初代の方が重量感があって使用する上では良かったのですが、持ち運びするのにはやはり軽い方がいい。ただ、内蔵バッテリーに充電するときの姿がなんとも哀れ。ジョブス亡き後のアップルを象徴しているような姿に。そんな「充電時の格好」のことなどまったく意に介さないのであれば、文句ないマウスですよ。

2. Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS)

f:id:office-ebisu:20171120230932j:plain

ぼくは自宅ではスタンドに乗っけて作業するので、どうしてもキーボードが必要だった。なぜ自宅でスタンドに乗せるのかというと、ビールやらコーヒーなどの飲み物を本体にひっくり返したことがあったからです。手があたったんですよね。もう思い出すだけで、今でもぞっとします。


ということで、今回MacBook Proを新たに購入したのと同時に、キーボードも「Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS) - Apple(日本)」に買い換え。これまではテンキーが付いていなかったので、別売りのテンキーキーボードを接続して使っていました。


Apple純正のキーボードは打ちにくいという人も多いですが、これも慣れじゃないかな。ぼくも始めは、めっちゃ打ちにくいと感じていましたが、なにより見た目がクールなので許せたのであります。

3. ALMIGHTY DOCK CM1

f:id:office-ebisu:20171121000110j:plain

ALMIGHTY DOCK CM1(オールマイティな拡張USBドック)には、MacBookを拡張するために必要なポートやスロットが搭載されています。


iPhoneやUSB機器を接続するためのUSB Aコネクタが2つ。そしてデジタルカメラの撮影データなどを読み込むための「SDカードスロット」と「micro SDカードスロット」がそれぞれ1個づつあります。また、電源供給するためのUSB Cポートを1つ搭載しており、MacBookに必要な各種のアクセサリを接続することが出来ます。MacBook Proの本体色に合わせたカーラーが用意されているので、まるで純正品のようにかっこいいです。

4. ノートパソコン スタンド

f:id:office-ebisu:20171121001916j:plain

MacBookを始めとするノートPCはディスプレイが低い位置にあるため、姿勢が悪くなりがちです。長時間ノートPCを使用するユーザーの多くが肩こりや背筋の疲労といった悩みを抱えてい流ようですが、僕もその一人で・・・


今回購入した「ノートパソコン スタンド eclipse ノートPC パソコンデスク 冷却 MacBook / アルミ製 シルバー (シルバー)」はスタンド上にPCを載せることで目線が上がり、身体に負担のかからない姿勢で快適に作業を行うことができる製品です。説明書によると、このスタンドは人間工学に基づいた設計になっているようで、傾斜角度は20度。タイピングに最適な角度設計になっています。機能性はもちろん、Macユーザーの感性に響くデザインと質感にもこだわり抜いた製品です。

5. スリップインケース

f:id:office-ebisu:20171121003017j:plain

ケースはMacBook Pro本体を傷つけないために使用するもの。僕は「MacBook Air 13インチ 用 スリップインケース 横入れ ブラック SZC-MAY3203BK」を購入しました。


最近では傷が付かないように、本体に直接はめ込めるカバーも出ているようですが、僕としては、それは無し。ぶっちゃけた話、本体に少々傷は付いても良いんですよ。本体に付く傷は人それぞれ個性があって良いじゃないか!なんて勝手に思ってる。


確かスティーブ・ジョブズも、本体の傷は人と同じで、年月が経つと味が出て、ますます美しくなると言ってたはずだ。

6. USB Type-C映像変換アダプタ(VGA)

f:id:office-ebisu:20171121000750j:plain

部屋の押入れにVGAモニターが転がっていたので、2画面(デュアルモニター)で作業ができるようにと映像変換アダプターを購入。作業効率が格段に上がります。ちなみに、設定方法は、Mac で複数のディスプレイを使う - Apple サポートに詳しく書いてあります。めっちゃ簡単なので安心してほしい。

7. モバイルスキャナー

f:id:office-ebisu:20180110170440p:plain

もしお財布に余裕があるなら、スキャナーを買っておくと良いかもしれません。ぼくがすでに持っているのは、「Canon ドキュメントスキャナ DR-P208」です。アマゾンで15,000〜20,000円で買えます。


このスキャナーはMacBookに限らず、PCにUSBを差し込むだけで簡単に使えるだけでなく、モバイルタイプでありながら、原稿を最大10枚まで、まとめてセットできる。


また、モバイルタイプでなくても安けりゃいいという人には「Canon インクジェットプリンター複合機 PIXUS MG3630」がおすすめ。従来の印刷機能に加えて、スキャンはもちろんのこと、Wi-Fi環境がない場合でも、スマホやタブレットからダイレクト接続でプリントやスキャンができる。このプリンター、余裕で1万円を切ります。
f:id:office-ebisu:20180110172241p:plain


おわりに
とりあえず、これだけあったら十分でしょう。作業効率が向上するだけでなく、自室のMacBookの見栄えも良くなるのは間違いありません。



トップページへ

©2017 Gotcha Weblog, All rights reserved.