TABIJIN

Summary of Thinking and Experience

放課後等デイサービス:重要なのは『儲かるか』ではなく『継続できるか』である。

f:id:office-ebisu:20180125212218j:plain

うちの近くの整骨院に併設されたデイサービスが閉鎖した。理由は利用者が集まらないのが一番の理由だったと聞く。整骨院の患者さんをデイサービスへ導くというビジネスモデルがうまく機能しなかったのだろうか。


その一方で、デイサービスといっても学校に通っている就学児を対象とした「放課後等デイサービス」の開業ラッシュが始まっている。


平成24年4月1日に児童福祉法が改正されるまで、児童デイサービス(児童発達支援および放課後等デイサービス)は収支トントンか赤字の状態で経営的にはとても苦しい状況が続いていた。


しかし、平成24年4月1日に児童福祉法が改正され報酬単価が倍になったことで、民間企業が参入し児童発達支援および放課後等デイサービスの施設数が全国各地で急増している。


放課後等デイサービスを開業する前に

f:id:office-ebisu:20180125212351j:plain

あたり前の話なんですが、放課後等デイサービスは集客できれば儲かります。一人あたりの単価が高いですからね。


もう一度言います、集客できれば必ず儲かります

放課後等デイサービスの将来性について

数年前のシニア向け通所介護(デイサービス)の開業ラッシュを見ているようで、なんだか不安になる。飲食などのフランチャイズと違って、加盟店の経営は本部ではなく、国の政策によって大きく左右される。それは報酬であったり、人員要件であったりする。


27年度の介護制度改正で小規模デイサービスの経営が危ぶまれているように、放課後等デイサービスも10年以内には、いや5年以内には飽和状態となって、過当競争が始まる可能性は排除できない。


フランチャイズ本部は10年、20年安泰といって加盟店を募るだろうが、実際のところ安泰なんてあり得ない。今回の介護制度改定のように、報酬が引き下げられるタイミングは誰にも分からないのだ。


ポイントは儲かるかではなく、継続できるか。

f:id:office-ebisu:20180125201529j:plain

放課後等デイサービス開業時にフランチャイズに加盟しようが、しまいが、「報酬が減ったからや~めた!」なんて、お金を第一の目的とした開業は、最終的には多くの子供たち、そしてご家族にご迷惑をかけるだけでなく、放課後等デイサービス全体の信用を落とすことにもなりかねない。


なので、開業時にはあとあと後悔しないように強い理念(志)をもって、開業すべきである。

開業前に資料請求して徹底比較せよ!

すでに放課後等デイサービスの開業を決められている方は、個人で開業するにしろ、フランチャイズに加盟するにしろ、営業ノウハウが十分蓄積されているフランチャイズの加盟資料を請求すべきだ。なぜなら、資料の中に経営や業界に関する情報が盛り込まれているからだ。

短時間で情報を収集する方法

また、資料集めに関することだが、ネットで行き当たりばったりで検索して調べるのではなく、「フランチャイズ情報比較サイト」で資料を収集するのが一番効率がいい。この情報比較サイトは、ぼくがビジネスの資料集めに頻繁に使っている情報収集サイト。短時間で多くの情報を取得できる。また、最近見つけたのが、【BMフランチャイズ】。1分程度で資料請求できてしまうのが魅力だ。ちなみにこのサイトなら、100件以上のフランチャイズを一気に比較検討できる。


もしあなたが「放課後等デイサービス」の経営に興味がある方なら、ぼくがそうだったように、経営的に自由度の高い「学童保育事業」の資料を、手にするのもいいかもしれない。


資料を請求、しっかりと読み込むことで、業界の良し悪しが見えてくるはずだ。


放課後等デイサービスを成功へと導く5冊の良書

f:id:office-ebisu:20170817191859j:plain


1



2



3



4



5

おわりに
どんな商売でも、大なり小なり必ず成長期は存在する。ぶっちゃけた話、今、放課後等デイサービスは成長期に突入しています。しかしこの成長がいつまで続くのか、こればかりは誰にも分かりません。ただ、今現在、「放課後等デイサービス」を事業として考えた場合、うま味のある事業であることは間違いありません。



トップページへ

©2017 Gotcha Weblog, All rights reserved.