TABIJIN

知っておくと楽しい知識をまとめて紹介

超未熟児(成長の記録):848gで生まれた息子が、後遺症なく大きく成長しました。

スポンサーリンク

f:id:office-ebisu:20180508212404j:plain

後遺症なく元気に育っている息子の姿を見て思うことを書きたいと思います。私たち夫婦には、世の中にはあたり前のことなんてない!と思い知らされた出来事があります。


ものを口に入れたら便(ウンチ)が出る。


これは人間としてあたり前のこと。だけど、うちの子は便を安定して出せなかった。理由は超低出生体重児(848g)だったからです。


生後まもなく


「便が出なければ明日手術をします」


NICU(新生児集中治療室)で、医師から告げられた。


超未熟児(848g)で生まれた息子(入院・退院)

生まれた時の体重は848g

f:id:office-ebisu:20180508192728j:plain

うちの子は早産で800gほどで生れてきました。育児とか、早産による後遺症とか、そんなことを考える余裕なんてなくて、ただただ、明日も生きていてほしいと願う毎日でした。

医師と話をする恐怖

「ちょっと、お父さん、お母さんいいですか・・・」という言葉が本当に怖くてつらくて心臓が爆発しそうな毎日。


明日便が出なければ手術という事前予告を何度聞かされたことか。私たち夫婦は現実を受け止めるのが精いっぱいで、あとは祈るしかなかったのです。

幸いにも大きな後遺症なく退院

f:id:office-ebisu:20140730113622j:plain

結局、一度の手術をすることもなく、検査結果もすべて良好で、晴れてGCU(継続保育室)に移動。GCUは未熟児として生まれた赤ちゃん(体重2,500g未満)がいる部屋です。未熟児といってもうちの子よりもはるかに大きくてビックリしたのを覚えています。


医師や看護師さんのおかげで、すくすく大きくなって、生後一ケ月半で、安定して便を出せるようになった。こんな些細なことが本当にうれしかった。


世の中にはあたり前のことなんてない!


と思い知らされた瞬間だった。


退院の日はお世話になった多くの看護師や先生が集まってきてくださいました。上の写真を見ると今でも泣けてきます。どんなに些細なことでも、それはあたり前ではない。くびが座ったり、寝返りができたり、笑ったり、泣いたり・・・。その一つ一つが私たち夫婦にとってはあたり前ではなかった。とても素敵ですごいことだったのです。


4歳から療育センターに月1回通う

療育センターに通うことによる、デメリットは一つもありません。むしろ、子供の「脳」や「体」に良い刺激を与える遊びを沢山やってくれたりと、普通の子供の成長にもとてもプラスになる場所です。うちの息子はお箸を上手く使うことができなかったので、自宅での練習方法などを教えてもらったりしました。


現在では、すぐに療育センターを勧められる傾向がありますが、悲観する必要はまったくありません。早く対処するればするほど、予後の経過が良くなるからです。なので、療育センターを勧められたからといって気にする必要は全くありません。

療育センターとはどんな施設?児童福祉法における役割、対象、利用方法と費用などをご紹介します【LITALICO発達ナビ】


超未熟児で生まれた息子のその後

木登りが大好き

f:id:office-ebisu:20180508193328p:plain

今年の4月に小学1年生になりました。すくすく大きく育ちました。木登りが大好きで、木を見つけては登ろう登ろうとします。小さい時から食欲旺盛で、驚くべきことに、なんとクラスで一番背が高いのです。いろんな先生方のサポートがあって今があるんだと、本当に心からそう感じています。

不安がないといえば嘘になる

もしかすると今後なんらかの後遺症が出てくる可能性もありますが、そんなこと今から心配しても意味がありません。後遺症が出たら出た時に、全力でサポートしてあげればいい。それが、親にならせてくれた子への恩返しだと思います。


おわりに
子育てにおいての良書を紹介しておきます。




トップページへ

©2017 Gotcha Weblog, All rights reserved.