TABIJIN

知っておくと楽しい知識をまとめて紹介

英単語や英文法を学ぶときの心構えと具体的な勉強法

スポンサーリンク

f:id:office-ebisu:20171204213221j:plain

英語に限らず、語学をマスターするために暗記は欠かせない。暗記をしようとしない人は残念だが英語をマスターすることは難しい。


基本的な英単語や英文法さえ丸暗記(理解)してしまえばあとは比較的楽だと思っておけば良い。


すべての言語に関して言えることだが、まずは単語と文法を並行して学ばなければならない。英単語や英文法を学ぶときの心構えは味気ないが丸暗記。


英単語と英文法を覚えるのは「頭の良し悪しではなく、覚える気があるかないか」だけだ。難しく考える必要はない。


丸暗記、ただそれだけだ!


ちなみに、英語の教科書を検定する文部科学省の「学習指導要領」によると、中学で学ぶ英単語の数は1,000語程度。義務教育を終えた人なら数ヶ月で暗記できるはずだ。


ぶっちゃけた話、海外旅行で使うレベルなら、義務教育である「中学生レベルの語彙力」があれば充分なのだ。


英単語や英文法を短時間でマスターする具体的な勉強法

f:id:office-ebisu:20171204214029j:plain

英単語の学習方法

英単語はスペルだけでなく発音も同時に覚えなければまったく意味がない。ぼくの従弟に京大に合格した兄ちゃんがいたが、彼は高校2年生の時、decline(ディクライン)のことを「デクリネ」と発音していた。これでは海外旅行へ行ったところで何の役にも立たない。


もう一度声を大にして言っておく。


英単語を短時間で暗記する方法は、発音しながら書いて覚えること。ひたすら書いて覚えるのだ!


なので英単語の教材においては、CDが付属しているか、またはアプリを使って実際の発音を耳にできるものを選ばなければならない。


では、発音も同時に学べる英単語教材をを2つ紹介しておく。特に、二つ目の「究極英単語」は目的別に英単語を学ぶことができる優れものだ。今のところ無料なので気楽にダウンロードして使ってもらいたい。


中学で学ぶすべての英単語を網羅
このテキストには英単語だけでなく、熟語や同音語など、さまざまな情報が詰め込まれている。本書にある発音の表記と無料音声(アプリ)を活用すればリスニング対策にもなる。


目的別に英単語を学べるアプリ
このアプリは英語力が「定着」することを約束している。使って損はない。「日常英会話」だけでなく、「海外旅行英会話」や「TOEIC」など幅広いジャンルに分けられており目的別に英単語を学ぶことができる。通勤・通学時にスマホを使って学ぶといった現代の画期的な勉強法なのだ。

究極英単語

究極英単語

  • Yibei Inc
  • 教育
  • 無料

英文法の学習方法

英文法を学ぶ上で最もお金をかけずに効率的に学ぶ方法はNHKのラジオ講座だ。最初の第一歩としてNHK「基礎英語テキスト」を一冊購入してほしい。代金は一冊400円程度。このテキストは月刊なので年間5,000円ほどですむ。
→テキスト案内:基礎英語1 | NHKゴガク


この基礎英語シリーズはレベルが三段階になっている。

  1. 基礎英語1(中学1年生レベル)
  2. 基礎英語2(中学2年生レベル)
  3. 基礎英語3(中学3年生レベル)


海外旅行レベルの英語力なら、このNHK「基礎英語講座1~3」を勉強するだけで十分だ。自分のレベルに合わせて、例えば1と2をすっ飛ばして3からでもいい。


ぼくがラジオ講座をおすすめする理由
ラジオ講座を使えば、「決まった時間にテキストを開いて勉強する」といった生活習慣を身に付けることができる。社会人の場合は時間の調整が難しいかも知れないが、録音するのではなくできるだけオンタイムで聞くように心がけてほしい。そういった姿勢が結果的に英語力を短時間で身に付ける原動力となるのだ。


英文法の教材について
中学英語を最初からやり直したい人向けの一冊。見開きの左側のページは解説、右側のページは練習問題。問題を解いた後は、付属のCDで発音も勉強できる。最高の一冊だ!


おわりに

今回の記事で、何回も暗記、暗記といったが、悲しいかな暗記なしで英語はマスターできない。空いた時間にペンとノートを用意して、頭の中にある英単語やちょっとしたセンテンスを書いてみたりと、そんな健気な姿勢が最後に実を結ぶ。これは間違いない。



トップページへ

©2017 Gotcha Weblog, All rights reserved.