TABIJIN

知っておくと楽しい知識をまとめて紹介

一度見てしまったら、もう一度行きたくなる京都嵐山の天龍寺

スポンサーリンク

f:id:office-ebisu:20180504223127j:plain

年に数回行く天龍寺。中に入ったのは今回が初めて。いつも阪急嵐山駅から徒歩で嵐山をぶらぶら歩いて、途中の駅(京福電気鉄道)でソフトクリームを食べて帰るだけで、天龍寺は外から眺めているだけだった。


今回は天気も良く、家族と一緒だったということもあり天龍寺の中に入ったのでした。うわさどおり、天龍寺の庭は絶景。今回は天龍寺をiPhoneSEで撮影した写真をポストしてみたい。ちなみに、iPhoneSEは1,200万画素です。


京都天龍寺の写真

f:id:office-ebisu:20180504233249j:plain
f:id:office-ebisu:20180504232031j:plain
f:id:office-ebisu:20180504231852j:plain
f:id:office-ebisu:20180504231915j:plain
f:id:office-ebisu:20180504231931j:plain
f:id:office-ebisu:20180504231948j:plain

天龍寺(Wikipedia)

天龍寺(てんりゅうじ)は、京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町(すすきのばばちょう)にある、臨済宗天龍寺派大本山の寺院。山号は霊亀山(れいぎざん)。寺号は正しくは霊亀山天龍資聖禅寺(れいぎざんてんりゅうしせいぜんじ)と称する。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は足利尊氏、開山(初代住職)は夢窓疎石である。足利将軍家と後醍醐天皇ゆかりの禅寺として京都五山の第一位とされてきた。「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。

おわりに
この日は平日だったので人もまばらだったが、土日祝日は観光客でいっぱいになり、ゆっくり楽しむことができなくなるそうだ。ちなみに、入園料は高校生以上は500円、小・中学生は300円、未就学児は無料です。



トップページへ

©2017 Gotcha Weblog, All rights reserved.