TABIJIN

知っておくと楽しい知識をまとめて紹介

京都の日帰り温泉!嵐山温泉「風風の湯(ふふのゆ)」へ行ってきました。

スポンサーリンク

f:id:office-ebisu:20181209175824p:plain

今日は家族で嵐山温泉の「風風の湯(ふふのゆ)」へ行ってきました。京都の観光名所、嵐山。じつはこのエリアには嵐山ならではの泉質を持つ個性豊かな温泉施設がたくさんあります。

 

今回はその中でも気軽に日帰りで入浴できる、うちの家族お気に入りの「風風の湯(ふふのゆ)」(京都市西京区の嵐山上河原町1)を紹介したいと思います。この温泉は大人が阪急嵐山駅から歩いて3分のところにあります。

 

駅付近には駐車場もあります。一日1,000円程度ですし、滅多なことがないかぎり駐車場を探すのに困ってしまうこともありません。観光客のほとんどが公共の交通機関を使ってやってくるからです。

 

● 行くとこないときは日帰り温泉
うちの家族、休みの日に行くところが決まらない時、大概この温泉にいきます。この温泉は、神経痛や筋肉痛、そして冷え性や病後回復期の人に効果があるようですが、うちの家族にとっては、そんなのはどうでもよく、ただ単に大きな浴槽でゆっくりできればいいのです。(お湯の温度は41~42度。子供達にとって暑すぎるということはありません)

 

ちなみに、「風風の湯(ふふのゆ)」の受付横には縁日のようなセットで昔懐かしの駄菓子を販売するスペースもあります。わりとお祭り感覚の温泉です。

 

嵐山駅から徒歩3分の嵐山温泉「風風の湯(ふふのゆ)」

f:id:office-ebisu:20181209180907j:plain

風風の湯(ふふのゆ)から最寄駅の阪急嵐山までは大人の足で歩いて3分程度。子供とゆっくり歩いても5分もあれば駅に着くので湯冷めの心配もありません。

 

体の芯までポカポカになったら、こちらのお休み処へ。広々として、かなりリラックスできる空間です。食事は近くのカフェと提携しており、カレーやピザなどのメニューをデリバリーすることが可能です。ちなみに、コミックだけでなく新聞も読み放題です。多くの人が、座布団を枕にして横になっています。

 

ゆっくりお風呂に入ったあと、お休み処で僕はビールを飲みながらスマホでニュースをちまちま読んで、我が息子はカルピス片手に「ONE PIECE(ワンピース)」の漫画本を熱心に読んでいました。

 

f:id:office-ebisu:20181209180658j:plain
f:id:office-ebisu:20181209180716j:plain

 

ちなみに、このお休み処からの眺めも結構いいです。窓から桂川が見えます。

 

f:id:office-ebisu:20181209180733j:plain

ママと娘はなかなか出てこないので、僕と息子は1時間近くお休み処で寛げました。また、お休み処のすぐ隣にはキレイな喫煙所もあるので、スモーカーにとっては有難い。

2ヶ月に一度の日帰り温泉(前売りチケットを買うべし!)

僕たち家族はこの温泉に2ヶ月に一度のペースで訪れています。平日大人は1,000円、子供600円。土日祝日は大人は1,200円、子供は平日と同じで600円です。また、前売りチケットをネットで前もって購入しておけば、もっと安くすみます。
京都嵐山温泉 風風の湯のチケット一覧


f:id:office-ebisu:20181209181352j:plain


ここの温泉にきた時、僕が一番感動するのは、身体を洗う所の蛇口から出るお湯に時間制限がないことです。大概の温泉は30秒ほどで一度止まりますよね。面倒くさがりやの僕には、ほんと有難い設備なのです。髪の毛洗うときは最高ですよ!

MAP


おわりに
本当は温泉内の写真も撮りたかったんだけど、警察に捕まるのでやめときました(笑)。ということで、風風の湯のホームページから写真をキャプチャーして、最後にポストしておきます。

f:id:office-ebisu:20181209183900p:plain
f:id:office-ebisu:20181209183843p:plain



トップページへ

©2017 Gotcha Weblog, All rights reserved.