TABIJIN

知っておくと楽しい知識をまとめて紹介

『AppleCare+』について:iPadが破損してから修理品が届くまでの記録

スポンサーリンク

f:id:office-ebisu:20171221204612j:plain

破損して初めてわかる保証のありがたさ。そりゃ一度も破損しなけりゃ月々の保証料(数百円)は捨て銭になるが、保証というものはそんなもの。安心料みたいなものだ。


ぶっちゃけた話、お金持ちならいいけど、僕みたいに細々と生活している人間にとっては、落として、壊れて、突然数万円の出費(修理代)なんてホント勘弁。


ちなみに、iPad交換時に4,400円は必要だが、ぼくは「アップルケアプラス(AppleCare+)」に契約していて本当に良かったと思ってる。Appleサポートの電話応対から始まり交換品の発送まで、すべてのタイミングで満足のいくサービスを受けたからだ。


今回はiPad(通信キャリアはSoftBank)が破損した経緯と、破損してから傷ひとつない修理品(誰が見ても新品)が送られてくるまでの一連の流れをわかりやすくまとめてみたい。


その前に少しだけ「AppleCare+」の概要を書いておく。

「AppleCare+」の概要
すべてのiPadには、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償電話サポートがついています。AppleCare+ for iPadに加入すると、保証とサポートがiPadの購入日から2年間に延長されます。さらに、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを、1回につき4,400円(税込)のサービス料で最大2回まで受けることができます1。Appleの専任スペシャリストにチャットまたは電話で直接問い合わせることもできます。


iPadが破損した経緯と修理品が届くまで

f:id:office-ebisu:20171221213920j:plain

あの日、ぼくは仕事帰りにいつものコンビニ寄って、いつものように缶ビールを飲みながら歩いていた。その日は仕事で結構疲れていたのと、睡眠不足の影響があってか、いつもより酔いがまわっていた。


ビールを飲み干して脇に挟んでいたiPadを取ろうとした瞬間、iPadが脇からスルリと落ちたのだ。これまで何回か落としてきたが、今回は不幸にもギザギザのアスファルト上に、ものの見事に角から落ちて、そんでもって一回跳ねて液晶の面がアスファルトに接した状態で止まったのだ。


あわてて拾ったのだが、不幸にも、


電源ボタンが中にめり込んだまま出てこない状態。(幸いにも液晶は無傷)


電源ボタン陥没ですわ(大泣)


f:id:office-ebisu:20170514222624j:plain
陥没した電源ボタン(筆者撮影)


立ち止まって、電源ボタンを爪で引っ張り出そうとしたが、みじんも動かない。その間、悲しいかな、iPadは電源が入ったり消えたりを繰り返す。


「最悪!!!」
「まだ買って半年。」
「修理代なんぼいるんやろう?」


青ざめて、酔いからさめる・・・

アップル電話サポートを受ける

翌日アップル電話サポートに電話。iPadが壊れた経緯を説明したあとで、端末の契約内容を確認してもらった。嬉しいことにアップルの保証サービス「アップルケアプラス(AppleCare+)」に契約していたのだ。


なんと、この保証サービスのお陰で、わずか4,400円で修理できることが分かったのだ。(実際には修理というより、傷ひとつない見た目まっさらのiPadが送られてくる)


ちなみに、破損したiPadはクロネコヤマトが自宅まで取りに来てくれた。翌日アップルから破損したiPadの受領のメールが届き、そして、なんとその3時間29分後に修理品(交換品)を発送したことを告げるメールが来たのだ。


その間わずか、3時間29分!


翌日、クロネコヤマトに電話し配達日時を指定。自宅まで来てくれた配達員に4,400円支払って、正常に動作するiPadが再び手元に!!


ということで、ここでアップルから届いたメールをキャプチャーして順序立てて3つポストしておく。

1. Apple電話サポート(2016年8月29日 10:03)

メール内容:アップルはお客様のご意見を尊重しています。

f:id:office-ebisu:20170514222926j:plain

2. 破損したiPadの到着メール(2016年8月31日 13:04)

メール内容:製品の修理を開始いたします。

f:id:office-ebisu:20170514222938j:plain

3. 交換品の発送メール(2016年8月31日 16:33)

メール内容:修理サービスが完了いたしましたので、交換品を発送いたしました。

f:id:office-ebisu:20170514223003j:plain


アップルケアプラス(AppleCare+)」の保証期間は2年だけ。費用は一回につき4,400円。2年間に2回まで使える。もしアップルケアプラスに契約してなかったら、今回の破損だったら一度に数万円支払わなければいけない。


ということで、Apple電話サポートに電話してから修理品(交換品)が送られてくるまでに要した日数は、たった4日間だった。


f:id:office-ebisu:20170514222816j:plain
送られてきた交換品(筆者撮影)


顧客の問題を一気に解決してくれるアップル。ほんと素敵な会社だよ。

保証期間を確認する方法

最後に保証状況とサービス期間を確認できるApple公式サイトを紹介しておきたい。iPadのシリアルナンバーを入力するだけで、いとも簡単に確認できる。


f:id:office-ebisu:20170514230330j:plain

製品の保証状況とサービス期間を確認する - Apple サポート



ドコモ、au、ソフトバンクでアップルケアプラスを申し込んだ場合、アップルケアプラスを分割料金で申し込むことができる。分割申し込みは購入契約時のみ受付でき、あとからの申し込みはできない。ということで、アップルケアプラスに入っていれば、もはや破損なんて心配する必要はない。ある意味、iPadを守るためのカバーや保護フィルムなんて必要ないかもしれない。



トップページへ

©2017 Gotcha Weblog, All rights reserved.